鼻中隔延長術 | 鼻などの顔のコンプレックス解消|スラリとした鼻を得る

鼻などの顔のコンプレックス解消|スラリとした鼻を得る

beauty

鼻中隔延長術

使用する軟骨によって料金が異なってきます

鼻中隔延長術とは、高く美しい形の鼻にするための整形手術です。左右の鼻の穴の中間にある壁を鼻中隔というのですが、その部分に軟骨を移植することで、鼻の形を整えるのです。 鼻中隔延長術の料金は、体のどの部分の軟骨を使うかによって、異なってきます。多くの場合は、耳の後ろ側や、乳房の下側から採取された軟骨が使われます。耳の後ろ側の軟骨を使用する場合は、目立ちにくい場所なので、採取のための手術が比較的簡単です。そのため料金は、60〜70万円ほどが相場となっています。乳房の下側の軟骨を使用する場合は、採取後の傷跡を目立たないようにさせるため、より多くの手間隙をかけることになります。その分料金は、80〜90万円ほどが平均となっています。

鼻の形が美しくなり、鼻の穴は目立たなくなります

鼻中隔延長術によって、軟骨が移植されれば、その分鼻筋は高く長くなります。すると、低くつぶれたような形の鼻でも、スッとのびた美しい形の鼻になります。また、丸くて大きな鼻の穴も、鼻筋がのびることで前方に引っ張られて、細長い三角形に近い形になります。豚の鼻のように上向きになっていたとしても、鼻中隔延長術により向きが改善され、鼻の穴が目立ちにくくなります。このように、鼻中隔延長術には鼻における非常に高い美容効果があるのです。 また軟骨の移植は、鼻の外側からおこなわれることもありますし、鼻の穴の中からおこなわれることもあります。前者の場合、よりスムーズに鼻の形を整えることができるというメリットがあります。そして後者には、移植手術の跡がほとんど目立たないというメリットがあります。

▲ pagetop